2014/10/21

from studio

IWASE PIANO主宰の岩瀬先生に、数時間だけピアノを教えてもらったのが8月下旬。その後、竜巻太郎という悶絶ドラマーがいるのだけれども、鍵盤の演奏もとても奇麗。先日club MAGOという所でお昼の13時まで遊んだ。金沢21世紀美術館での展覧会の際、オープニングプログラムでやってきたスガダイローはフリージャズピアニスト。粟津潔の作品に登場する山下洋輔さんとも深い繋があってお酒を飲むとめちゃくちゃ面白い先輩。城&ブーツ&プラモ好き。そして僕がもっとも興味のある60〜70年代の空気を知っている高橋悠治、島田璃里。最終日、美術館の庭先で偶然初対面した清田。清田はmouse on the keysというバンドでキーボードを軽快に弾きこなす2歳下の同郷で同じ部活に在籍していたのだ、という事実、僕は全く部活動には興味ございませんでしたので数人の友人を誘って堤防にいっては川を眺めていたりして過ごしていました。岩瀬先生、竜巻太郎ちゃん、ダイローさん、悠治さん、璃里さん、清田。この数ヶ月内に出会った様々なピアニスト達。この多くのピアニストと接する時間に特別な因果関係を感じてしまいがちなのだけれども、ぼくは楽器は得意ではありません。「ゆっくり弾く」悠治さんはインタビュー言っていた、岩瀬先生もゆーっくり弾くと教えてくれた、それは「ゆっくり線を引く」という事にも繋がるのではないかと思い、ゆっくり弾くという一言に大きな出会いを感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

/ PAGETOP