2014/06/28

from studio


マッカラム:ロブ・マッカラム ジョージロメロのストーリボーダー。怪獣好きで相当絵が上手い!


演出家:名取監督も同様、ほぼ同じ事を僕に言っていた。継続と検証し続けるのみ。


2013のヒミツは知る人ぞ知るという事に。

ワシントンデザイン研究室の1人健康診断。結果は概ね健康。胃は問題無し。肺はすっきり綺麗と言われたけれどもタバコは辞めていない。奈良さんもタバコ辞めたそうだし、チャゲさんはまだタバコ吸ってるのかな。身長を聞かれると173cmと答えてたけれども測ってみると175cmだった。これからは175cmと答える様にする。体重は少し減っていた。それは日々走り込みという作業を取り入れる様にしたからだと思う。体力作りというよりも集中力や闘争心を養う為に走っているという事の方が理由になる。友人の某食堂スムース食堂で出会った針の先生に走り方を見てもらった所、走り方綺麗ですねと言われた。右足が外にひらく癖があるようで内に入れる様アドバイスを受けた、有り難い。右肩が少し上に上がっているので体が斜めになっている様子。絵コンテを描く為にロケーションの見学に伺う日々が続く。手伝ってくれるMくんとYくんは僕のあらゆる発言を文句1つ漏らす事なく聞いてくれる心強いカメラマンとして頼りにしている。(一方的に)Mくんに至っては極限に達すると全てをひっくり返すアイデアをポロンと机の上に落す。それを大事に磨くこと9時間程の検証に時間を裂いてくれた。ありがたい。よって昨晩は3人でUくんのお店の炊き餃子とタクワンと白米を食した。

COMMENT
2014/06/24

day

2 COMMENTS
2014/06/22

natori.net 001

演出家の名取哲が作家を訪ねてお話を頂く旅。natori.net。
愛知県は瀬戸市。瀬戸焼、陶芸の街へ、竹内真吾先生のアトリエを訪ねました。


奥の細道を歩いて行く名取。


真剣に興味深くお話を頂く名取。


竹内先生の作品達。陶芸暦35年の作品の遍歴を見る事ができました。


竹内先生の新作達。幾度の展開を経て作品は生み出されて行きます。ふむふむ。カッコいい。プロサッカー選手の中田英寿も訪れたという竹内さんのアトリエにて。


瀬戸ミュージアムへ立ち寄って。細かな演出に気を配る。


お椀達。


手!!


鷲!!


台車!!


エカキサン!!



瀬戸電でくつろぐ名取。


今週はスポーツ新聞を読みまくってます。セルジオの辛口批評。


定食のご飯大盛りも半分残してしまう程ヘトヘトに。。。


瀬戸を訪れた後、フと足元を見ると手君発見。。

制作を続けて行くという事は興味の幅を拡げて経験し、それを展開、大切な物は目の前だけで無く自分の足元にあるという事に素通りする事なく気付けるかどうか。という事ではないか、という事を再確認させられた瀬戸旅でした。

美術が野を走る。。。。

COMMENT
2014/06/19

from studio

ロンドン〜タイに移住したRYOからの知らせ。イギリスはブライトンにあるRYOの友達のレコ屋でボンゴベース発見の知らせ。

http://thisworld.jp/works/mr-bongo-bass/

COMMENT
2014/06/17

gift

ありがとね、KAMI&SASU

http://www.hitotzuki.com/

COMMENT
2014/06/16

day


石井ナルト弾き語り。アルバム制作中。


ナルトに豚汁喰わせて天体観測。
「初めて見た〜」とナルト。


新宿に清田。



オンベース、環ROY。


バックドロップボム20周年!


送別内山と不良。


バスを降りたら目の前に70′S格安君。


呂布で〆。

COMMENT
2014/06/13

progress

COMMENT
2014/06/12

day


僕の中の中日ドラゴンズ・スーパーヒーローはこの2人。
無駄な装飾も無くシンプルな名古屋球場の方が好きです。

COMMENT
2014/06/12

progress

室長虫歯治療強化月間。仮入が何度も外れます。昨夜も外れました。本日休診日。明日は東京。

COMMENT
2014/06/11

memo

COMMENT
2014/06/10

from studio

2日間開催される大阪は中央区、クラブサーカス2周年記念の為のポスター。

「今日も2人、明日は夏」

スターティングメンバーは

DJ KRUSH
GOTH-TRAD
METRIK FROM UK
Seiho
OKADADA
and more…

2014 7/4 FR 2014 7/5 SA AT CIRCUS

http://circus-osaka.com

COMMENT
2014/06/10

from studio

今も美術大学とはどんな所なんだろうか。と想像する事がある。美術大学に通っていた友人は沢山いる。彼らがどんな様子で美術を学んでいたかは知らない。僕は時間だけは蓄えていた20代前半、一年間だけとある美術大学の友人のアトリエの空きスペースに通っていた事がある。時間をもてあましていただけだとおもうのだけれども、そこで絵を描いていた。ときには食堂で安ご飯を食べたりした。芸術祭にも参加した。そこで出会った友人もいる。僕は高校を卒業して1年美術予備校という所に通わせてもらい受験の為の絵を勉強していたのだけれども、バイク事故で長期入院してしまい、半年しか通えなかった。大変ご迷惑ご心配をかけてしまった。今ではあの壮絶な痛みも良い経験だったと思うのだけれど。。病院のベッドで天井を見つめながら思った事の1つに「絵が描きたいな」だった。その後、希望の大学への行く事も無く、高校時代の先生にお仕事を紹介してもらい働きに出た。高校ではデザイン科という絵が描ければ入学できる。という素晴らしい入試条件だったのでそこに決めた単純な理由。僕は三年間デザインに関わる様々な事を体験していたのだと思いだす。写植、シルクスクリーン、染色、木版、銅版、油絵、写真。今の僕に役に立っているかどうかはわからないけれども、今でも諦めずに続けてきて良かったとおもう。そんでもって今でも大学へ行っていたらどうだったのだろうか。ふと思うときがある。上記写真のおばちゃんは田中先生と言って、僕が高校生の時に油絵を教えてもらっていた先生。数日前セントラル画材に苦手なリキテックスを買いに行ったるがね。てことでリキテックスを購入。帰ろーかしゃんと駐車場へ向かい、くるっと180度、やっぱシャーペンも買っとくか、となり、再度お店に出戻り。「4Bのシャーペンの芯ございます?」と購入。今度こそ帰ろうかとした所、ドア〜の所でおばちゃんと店員さんがごにょごにょ。どうやらおばちゃん、昼飯時だった事もあり「この辺りに蕎麦屋さんありますか?」と店員にお尋ね。店員は即座に答える事ができず、他のスタッフに相談しに。っていうか店員の青年、蕎麦屋くらいこの画材屋のまわりに一軒や二軒くらい記憶しとけや!とおばちゃんに教えたろかしゃんと顔を伺うと、お互い目が点。数秒の間。それがかの、当時はうるせー先生だったわ!いや、マジ色んな事教えてもらってありがとうございます。上記の写真、田中先生だったのであります。約20年ぶりの再会となったのであります。田中先生は京都芸大卒。

目眩、続く。

COMMENT
2014/06/10

day


SHIVAに行けば10年前に描いた絵が観れる。原子力のお話。


街に顔面。


30億円稼ぐにも程がある。


日本の色彩。


放題の波がこんな所にも。
少年は確実にかけ放題してました。


コンビニエンスストアの駐車場もご覧の有様。


写真を取るGM。


まだ撮ってる。一生懸命撮ってる、を撮る。


突然やってきた運命的な出会い。判子と邂逅。


ずっと眺めていられる。


時に喫茶わしんとん


先輩二人来店。


でら仲良いがね。

COMMENT
2014/06/04

from studio

演出はマイメン名取哲。

TOYOTAグローバルキャンペーンGet going challenge。
企画概要は自分の夢のためにチャレンジし続けている若者をサイト上で募集し、総額US$1,000,000でサポートしていく。

COMMENT
2014/06/02

day


本田選手は24時間本田選手。

ワールドカップだからといってソワソワしてる場合ではない。東海地方のプロチームが仲良く14位(J2岐阜)と15位(J1グランパス)であってはならない。両チーム監督が変わって楽しみにしてたんだけどなぁ。満留賀にて。

COMMENT
2014/06/01

day


街に潜む文字を探してる。目的の文字では無かったけど、これは「車」


最新鋭の期待感ゼロ。


POP感背負ってるやつ。


そして爽やなフォトいやつ。


双子。


月は三日月。

僕はインターネットにてプチトマトを1度に切るには!という生活をしていてさほど役に立つ事は無いな。といってもなるほど〜と感心した情報であった為。場所は田舎、本家にてオカンに「プチトマトを1度に沢山切りたい時ない?」「そんなんあらへんわ。」「ん〜じゃ沢山切る時があったとしてさ、どうすれば良いと思う?」手元に段ボールに入ったトマトが置いてあったので「こうやってこうやってほらっ!」「うぁ〜〜!よう考えたな〜〜!」とオカン。僕はトイレに用事を済ませに行っている間に妹が登場。用事を済ませている間にオカンは妹に同じ質問を出していたのだろう。オカンはいった。「あっさり答えたよ。」「あっ、そう。」と僕、妹は言った、「そんなんちょっと考えれば簡単でしょう?」「そりゃそっか。」と僕。何事も経験なんだなという事を強く意識した昼。

COMMENT
PAGETOP