2015/09/18

from studio

海底二万マイル ゼッタイム。9月19日、大阪は難波ロケッツ、ナイトワックスにて同時開催されるZETTAI-MU 20th ANNIVERSARYの為のイラストレーション。

「つながる何かの縁の仕業」

20歳を迎える頃には1945 KURANAKAのという名前はよく見ていたし聞いていた。そんなクラナカさんと遭遇する機会はあっという間にやってきた。京都にあったゼッタイムの事務所に当時京都の若手(?!)TOYOらと一緒に行った時の事だった(夜遅め)。ミクソロジストというロンドンのDJ(GOとBENI)のJAPANツアーポスターの絵を描かせて貰った事をきっかけに、そのツアーにクラナカさんも参加するということで顔見せしようということで恐る恐る。事務所には武しかいなくてクラナカさんは居なかった。程なくしてやってきた。ふすまが開く、床にあぐらかいて座っている僕、黙々と作業している武、仁王立ちの1945a.k.aKURANAKA。見上げる僕。「でけーーー!!」という第一印象。ガチガチに緊張してしまい動けなかったな。っていう甘い思い出があります。それから各ポイントで会う事も増えて刺激的だったな。20年も経ったのか、あっという間って言うか使命ってわけでもないけど続けていたって事を思い返すと続けていたなって事になるんだけど。ほんとにすげー!ゼッタイム。


working process

COMMENT
2015/09/15

day

自室にはキッチンはあるけれども使っていない。使ってないとは言っても歯を磨く、顔を洗う。つかった道具を洗う程度。ちなみに冷蔵庫もない。レンジも使っていない。要するに自炊してない。それでもいいと思っている。今は。(お金はかかるけど。)朝通勤の音に気付き目覚めると大体きまってどの喫茶店の朝食に行こうかという事を考える事から始める。といっても行き先は4つの喫茶店をローテーションしてるのだけれど。。歯を磨いてからメモ用紙とペンを持って喫茶店にいく。タバコ好きなオヤジの喫茶店。パンが厚くて美味しいけど大体相席になる喫茶店。ちなみに洗濯機の置き場はあるが排水がない。コインランドリーの待ち時間に行く喫茶店。雨の日に行く喫茶店(徒歩1分のコメダ)、幾場所の喫茶に行って思うのは聞こえてくるそれぞれの喫茶店にいる常連のじぃさま、ばぁさまの日常会話、僕はだいたいコーヒーとパンを食すると持参したメモとペンで今日やろうとする仕事&製作のアイデアスケッチをする。その間のBGMはだいたいこの場にいるじぃさまばぁさまの会話だったりして。僕にはそれが心地良いと感じているので特に問題はない。今日はおもしろい会話に遭遇したけれどわすれた。いつもの事だから。そして昼はいつも決まって同じ定食屋にいく。自炊できないというのも自室兼アトリエを改装しているというのもあるのでキッチンはまだ作業程度というのもあり。コの字カウンターの定食屋でセンターの食器棚にオカズが入っている。それを選ぶ。この棚は100円。棚の上に乗っているのは200円。通い始めて2ヶ月ほど。この棚は100円。その棚は二つ並んでいる、片方の棚には「この棚は100円」のポップが貼られている。片方には貼られていない。まさか。。。 僕はおばちゃんに質問して答えを得るというよりもまた明日来ることでポップの貼られていない棚からオカズを取った場合幾らになるか身をもって調査しなければと思った昼。確かにオカズのカレーのサイズ、ポップ有り無しでは大きさが違う。 小ライス100円(と言っても十分足りる)。この棚は100円。その棚からカレーを選んで小ライスだったら200円って事!?ある日カレーを選んだ。350円だった。? 僕は支払い後にした。この棚は100円、僕は棚の中は全て100円かとおもいっていた。実はそれは違う。魚の大きさも違っている気がした。僕はその違いに気づくのに1ヶ月程も要してしまった。今日気づいた。明日もいく。なぜなら安い。そして手作り。大根おろしは50円。 明日はこの棚100円を調査する。

COMMENT
2015/09/12

ほのぼの

06:20から

COMMENT
PAGETOP