mouse on the keys

share

facebook twitter google+ tumblr

mouse on the keysは川﨑昭(Drums)、新留大介(Piano / Keyboard)、清田敦(Piano / Keyboard)によるトリオ編成のインストゥルメンタルバンド。あいちトリエンナーレ後、そして香港の展覧会延期を受けてぼーっとしていたところへ目の覚める依頼。2020年はねずみ年という事をその依頼によって知る事になる(もう11月)。mouse on the keysの活動のイメージから建築のアイデアが大雑把に浮かんだ。2020年はオリンピックも開催される事もあり、描くねずみに1964年の東京オリンピック前年という設定で渋谷の街を建設している様子を描いた。(2020年のオリンピックにはさほど興味がないんだけど。。)その後到達した1969年の人類の月面着陸から月をモチーフに組み立てた。月の表/裏。(元ネタはあの名作ゲームから)。そしてやって来る1970年代日本のグラフィックデザイン創世記。(ここにも参照元あり)。1964年のオリンピックから迎える2020年の時間を想像する事を意識した。mouse on the keysのメンバーの一人は生まれ育った故郷が同じという因果もあり、とても大好きなバンド。と同時にそのバンドの時間軸の中に関われるという事はたとえその依頼が難題であったとしても考えている時間、作っている時間、苦戦している時、向き合っている時間は何にも変えがたい至福の時間だったんだな〜と収めた後に毎度おもうのであります。

PREVIOUS /