2017/04/01

from studio THA BLUE HERB

THA BLUE HERB 結成20周年を記念して日比谷野音大音楽堂で開催されるGIGの為のポスター。

詳細は以下
http://www.tbhr.co.jp/yaonlive/

Working process

{ comment }
2017/03/25

day 2017 JAN

金沢〜珠洲へ

{ comment }
2017/03/02

from studio 2016 DEC Pt.2

「バカモン、作家に盆も正月もあるか!何が元旦だ。
目が覚めたら仕事を、書くしかないのが作家だろう。
もういい。帰れ!!」

2016年12月は描き納めを早々に。呑みまくってました。

{ comment }
2017/01/19

絵画の何か Part2/Something of Painting Part2

以下 引用
Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F : Exhibition Spaceでは、昨年度2015年に「絵画の何か」と題した展覧会/トークシリーズを開催し、大きな反響がありました。
愛知はこれまで数多くの優れた画家を生み出してきた地域であり、多くの来場者とともに、「絵画の何か」について考える、有効な機会となりましたが、「絵画の何か」についての明確な「何か」が答えとして見出されるわけではなく、この「問い」はこれからもなお続きます。
今年度も引き続き、展覧会/トークシリーズを行う企画の第2弾として「絵画の何か Part2」を開催します。
この地域で制作活動を続けるアーティストの1人であり、本展企画者である佐藤克久は、絵画における「危機感」やその「広がり」について、前回若手のアーティストたちと共に考えた「問い」を、今回はこの地域で活動を続ける1930年代・40年代生まれのアーティストに投げかけます。活動期間が長く今もなお変化・更新し続ける彼らの「経験」や「言葉」を共有することで、絵画を多角的に捉え、「絵画の何か」について思考し、これからの絵画への可能性を探ります。
またトークシリーズ「絵画の夕べ」では、この地域に関わりのあるアーティストや美術館学芸員とともに、それぞれの視点から絵画について読み解き、再考する場をひらきます。

出展アーティスト
加藤松雄、原 健、山村國晶

スピーカー
有馬かおる、梅津庸一、小林耕平、鷲尾友公、木本文平、千葉真智子

【トークシリーズ「絵画の夕べ」】 Talking about Painting
同時代を生きる人びととともに、絵画について対話するトークイベント。
アーティストや美術館学芸員をゲストに迎えます。

会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING
参加|無料(予約不要)

「忘却/応用編」
日時|2月18(土)18:00–20:00
小林耕平(アーティスト)×鷲尾友公(アーティスト)×千葉真智子(豊田市美術館学芸員)
聞き手|佐藤克久(美術家/本展企画者)

絵画を出発点とした多様な表現について話します。

http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/1717.html

{ comment }
2017/01/10

from studio 2016 DEC


何時の時代においても、状況のなかに、めり込んでいる、

影の者、忍び者、闇の華やかな行為の表現が

そのままイラストレーションなのであります。

粟津潔「イラスト論考」より。1969年

{ comment }
PREVIOUS / NEXT PAGETOP