2016/02/04

喫茶いこま

自宅兼スタジオを改装始めてから朝食は決まって近所に点在する喫茶店で摂取していた。2015年夏から始めてそれが今でも続いている。ただ朝食を摂るのではなくてブックにアイデアをスケッチしたり、自宅兼スタジオにはテレビが無いので週刊誌に目を通したり、それぞれの喫茶店の常連のじぃさま、ばぁさまの会議に耳を傾けたりして、時折その常連客とも少ない会話を交わしたりして。それが日々の社会との接触だった。僕の制作のアイデアの大半はこの午前中のスケッチによって生まれている事が多い。その中でも比較的通う回数が多かったのが喫茶いこまだった。巻きたばこがきっかけでマスターとは少ない会話を交わす様になった。マスターも好んで巻きたばこ、パイプで煙草をふかしていた。その後ろ姿をいつも座る席から見てた。結局同じ銘柄の煙草を好むようになった。時々、打合せで街へ出て地下鉄を降りた帰り道、夕暮れになって誰も客がいない喫茶いこまでマスターと2人、「こんな仕事があってよ〜」一息休憩して話す時間も好きだった。自宅兼スタジオの改装の事をいつも気にしてくれていた。時間がゆっくり流れている喫茶店で、東京からやってくるミュージシャンの友達を連れて行ったりした。東京から、地方から来る客人をいつも楽しみにしていたマスターだ。朝、マスターは店で倒れてそのまま向こう側へ行ってしまった。最後のモーニングになったあの日、僕はマスターと会話する事なく店を出た事を、ゆっくりとドアを開けて行く僕を見送ってくれてたのかな。「またね〜」と一言だけ、僕はそう言って店を出た。
グッバイ マスター。

3月5日インベーダーラダトーム2は喫茶いこまのマスターに捧げるぜ。

{ comment }
2016/02/02

INVADER LADUTORM 2

 2016年2月1日空いている車内、18時53分金沢発名古屋行しらさぎ16号。2014年10月12日、金沢の美術館の喫煙所でライブをする為にシアター21に来ていたmouse on the keysと僕は再開した。「美術が野を走る:粟津潔とパフォーマスンス」の最終日前日の夜だった。「何かの縁の仕業」mouse on the keysのメンバーの一人とは同郷だった。  2016年、展示写真を撮影してくれていたとても物腰の柔らかいキャメラマンに3度同じ質問を受けた。  「名古屋までどのくらいかかります?」 「三時間くらいですかね。」  僕は答える。金沢発、終着駅は名古屋 しらさぎ16号、又の名をインベーダーラダトーム、故郷へ向けて2時間47分の旅、 インベーダーラダトーム、私たちを乗せて。
鷲尾友公

INVADER LADUTORM 2 -粟津(AWAZU)に愛して-
mouse on the keys-Live at Red Bull Studios Tokyo- Release Tour

名古屋 3月5日(土) Live & lounge vio
live : mouse on the keys
guest : BLACK GANION

One Night Exosición: WASHIO TOMOYUKI & DF.Sqez

OPEN 18:00 / START 18:30 前売¥3,000 All Standing ドリンク代500円別

ぴあ(P: 285-861)ローソン(L:46469)、e+ (プレ: 1/23-27)、stiff slack (052-252-0874)
☎052-936-6041 (JAILHOUSE)

working process

{ comment }
2016/01/31

day

webの中身をポロポロ更新して2015年の活動を振り返る良い機会を与えてくれている。
ポロポロ更新してます。どうが発見して頂けます様に。そして今年も誰かに見つけて頂けます様に。その時の為の準備してます。そしてまだまだ作りたい物があります。何の為に。確実なのは、まずは、不安を打ち消す為です。

{ comment }
2016/01/24

2016 – 2017

2016年最初の制作発表はお伊勢さん菓子博で開始。
先日500日前記念イベントが開催された模様です。
2017年4月に開催されます。
それまでどうぞよろしくお願い申し上げます。


http://www.kashihaku-mie.jp/

{ comment }
2016/01/20

2015 – 2016

{ comment }
PREVIOUS / NEXT PAGETOP